• 企業理念
  • 会社概要
  • 月刊基礎工
    • 定期購読申込書
    • バックナンバー
    • バックナンバー(デジタルブック)
    • 特集主題一覧
    • 原稿執筆について
    • アンケートご協力のお願い
  • 刊行物案内
  • 技術講習会・プロ養成講座
    • 講習会・養成講座レポート
  • リンク
  • 月刊基礎工 バックナンバー・デジタルブック閲覧サービス
  • デジタル雑誌「基礎工」
  • 土工・基礎工用語辞典 デジタルブック閲覧サービス
 
 
月刊「基礎工」 最新号
 
 

 2021年11月号 

特集

将来の巨大地震による災害への備えの新たな展開

表紙画像

総括編集  菊池・渡辺 両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから   デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言巨大地震による災害への備え安田  進
総 説地盤震動と強震観測から考える構造物・基礎の耐震性永野 正行
 〃 地盤の地震対策技術の新たな展開
 ―地盤の地震災害リスクの認識と耐震性評価法の高度化―
風間 基樹・加村 晃良
 〃 大規模地震・津波に対する沿岸・港湾構造物の設計技術の動向と方向性宮田 正史・鈴木高二朗
竹信 正寛
各 論過去の巨大地震災害を教訓にした防災哲学の構築に向けて武村 雅之
 〃 津波予測と対策富田 孝史
 〃 道路施設における地震災害などへの取組み松本  章
 〃 鉄道施設における地震災害への備えの新たな展開豊岡 亮洋
 〃 建築における将来の地震災害への備え
 ―日本建築学会基礎構造運営委員会の取組み―
田村 修次
 〃 建築分野における地震災害への新たな取組み井上 波彦
 〃 大規模盛土造成地における安全性の確保に向けた取組み井上 洋之
 〃 津波に対する建築物の安全性向上の取組み奥田 泰雄
 〃 港湾・空港施設における地震災害への備えの新たな展開小濱 英司
 〃 農業施設における地震災害への備えの新たな展開毛利 栄征・吉迫  宏
 〃 電気設備における地震災害への備えの現状と新たな展開石川 智巳・小早川博亮
石丸  真・湯山安由美
 〃 災害廃棄物の再資源化とその備え
 ―円滑な復興に向けて―
高井 敦史・勝見  武
報 文被災原子力発電所の廃止措置に向けた基礎工の応用
 ―福島第一原子力発電所を例に―
小峯 秀雄・阿部慎太郎
鈴木 忠勝・本間 美湖
 〃 高速道路盛土の耐震性能向上に関するNEXCO総研の取組み川井田 実
 〃 本四備讃線鉄道構造物の耐震補強の概要笹岡 良治・菊地 佳誉
角野 拓真・笠原 康平
中田 裕喜
 〃 相馬港における岸壁の耐震強化事例佐々木 誠・早川  修
 〃 戸建住宅の液状化リスクへの対応策についての考察
 ―平成28年熊本地震による戸建住宅の住宅・宅地被害アンケート調査結果より―
村田 英樹
 〃 宮古市三王団地の宅地造成盛土の管理事例斉藤  広・馬場 敬之
 〃 近年の地震災害における廃棄物処理の事例紹介花木 陽人・吉田 英樹
遠藤 和人
連載企画けんせつ小町便り 第71回山田 優子
新刊紹介土工構造物における性能設計の実務と展望/丸善出版

〈編集趣旨〉
 2011年東北地方太平洋沖地震から10年たち,その後も熊本,大阪北部,胆振東部などで大規模地震が頻発しており,最近では2021年3月に福島県沖で2011年東北地方太平洋沖地震の余震とみられる地震も発生しています。2011年の地震以降,日本列島は地震活動期に入っているといわれており,今後発生するといわれている南海・東南海地震に代表される巨大地震よる被災も危惧されるところです。兵庫県南部地震を契機に,我が国の地震対策が大きく変わり,順次対策が施されてきていますが,度重なる地震により様々な形態の災害を経験してきているため,災害対策の考え方,災害対策に対する国民の要求も大きく変化してきています。
 本特集では,各機関で来たり来る大規模地震に対する備えがどのように準備されているかを取りまとめさせていただきました。また,具体的な対応事例についても報告いただいております。本特集が,今後の地震対策に少しでもお役に立てれば幸いです。

2021年11月号のアンケートはこちらから