• 企業理念
  • 会社概要
  • 月刊基礎工
    • 定期購読申込書
    • バックナンバーのご案内
    • バックナンバー(デジタルブック)
    • 特集主題一覧
    • 原稿執筆について
    • アンケートご協力のお願い
  • 刊行物案内
  • 技術講習会・プロ養成講座
    • 講習会・養成講座レポート
  • リンク
  • 月刊基礎工 バックナンバー・デジタルブック閲覧サービス
  • デジタル雑誌「基礎工」
  • 土工・基礎工用語辞典 デジタルブック閲覧サービス

技術講習会
 

総合土木研究所主催、技術講習会のご案内

「第2回 これからの N 値の活用法」技術講習会のご案内

開催日時:平成 22年 3月 18日(木)、19日(金)二日間
会場 :コクヨホール(東京都港区港南 1− 8−35)
  TEL 03(3450)3712 FAX 03(3450)3471
主催:総合土木研究所
受講料:1名につき 23,000円(テキスト代を含む)
      テキスト所持者は 21,370円
      ※ 1日のみの参加は 12,000円
テキスト:<基礎工>平成 15年 2月号「 N 値の活用と留意点」を使用します。
   (ほかに追加資料として当日説明で使用するパワーポイント資料があります。)
 
*本講習会は、「土木学会CPDプログラム」、「地盤工学会CPDプログラム」として
認定されています。
(公務の都合により講師および講師順序の変更になることもあります)
 


◆講師および題目(敬称略)
《第1日》 3月 18日(木)

10:30〜11:50地盤調査における標準貫入試験の位置づけ中央開発
取締役コンサルティング
本部長
黒田真一郎

12:50〜14:10液状化対策におけるN値の活用と留意点東京電機大学
理工学部 教授
安田 進

14:20〜15:40道路橋におけるN値の活用と留意点潟Gイト日本技術開発
地盤技術グループ長
金 聲漢

15:50〜17:10港湾構造物におけるN値の活用と留意点(独)港湾空港技術研究所 地盤改良研究チームリーダー森川 嘉之

《第2日》 3月 19日(金)

9:30〜10:50N値を用いた設計式の信頼性日本工業大学
工学部 教授
桑原 文夫

11:00〜12:10建築基礎設計におけるN値の活用と留意点鞄結档\イルリサーチ
常務取締役 技術本部長
加倉井正昭

13:10〜14:30建築におけるSPTのN値とSWSの関係東海大学
工学部 教授
藤井 衛

14:40〜16:00現場におけるN値と施工管理(映画併映)日本海上工事
地盤改良グループ長
中川 幹雄

*本講習会は、「土木学会CPDプログラム」、「地盤工学会CPDプログラム」として
認定されています。
(公務の都合により講師および講師順序の変更になることもあります)


技術講習会案内に戻る


All Rights Reserved, Copyright Sougou Doboku Kenkyusho. Co.,Ltd.